長崎県立長崎北高等学校9回生の Home Page

同窓会会長 : 山 下 俊 夫

toshi-yamashita@mva.biglobe.ne.jp


MENU
●●●●●●●●●●●
TOP
--------------------
会長挨拶
--------------------
おいにしゃべらせろ!
--------------------
こっこでしょ
--------------------
両道顕揚
--------------------
BusuがBusでやってくる
--------------------
武勇伝
--------------------
同窓会やりました
--------------------
掲示板(メーリングリスト)
--------------------
BBS
--------------------

リンク集
--------------------
管理者へのメール
--------------------
●●●●●●●●●●●
Designed by
Ichiro Tsuchiya

北高9回生のホームページにようこそ!

Episode 001

 1974年夏。
 雲仙合宿での出来事。
 話し込んで夜更かししてしまった同室のメンバー。
 唯一、先に寝てしまった友に、誰からやるともなく
 太字油性のマジックでその友の顔に落書き。
 眼のふちを真っ黒に塗り、泥棒をイメージするようなひげを描き、
 放置・・・。
 翌朝、定例の散歩。
 彼は顔を洗うことなく(つまり鏡を見ることなく)出発。
 彼の顔を見た周りの反応はみなさんの想像の通り!
 散歩から戻った彼は私たちに
 「お前ら!何が面白くてこんなことをするんだ!」と激怒。
 何が面白くてって・・・そのまんま「まぢ」面白かったぁ〜〜〜♪

 ねぇ山田君!


Episode 002

 1973年、高1の時の運動会
 女子徒競走で、クラスメートのKK
 先行逃げ切りでトップ走行!
 めったれ(当時の彼女のあだ名)速い!
 すごいすごい!
 彼女はゴール直前で転倒!
 なんと腕を骨折してしまった;;
 なんとも可哀そうでした;;
 
 あら〜@@ クラスメートだと思ってたのに
 あぁ 勘違い><


Episode 003

 続けて3年の時の運動会
 毎年3年生は担任の先生に仮装させるのが楽しみの
 一大イベント!
 1組、社会科の浦先生はピンクのワンピースに身を固め
 なんとアグネス・チャンに仮装!
 大うけでした!
 次々とパレードは進み、
 8組、倫理の藤田先生は西郷隆盛!
 足元には愛犬が・・・!
 なんとT君が犬の着ぐるみを着て仮装!
 股間に赤いボールを2個下げてグラウンドを1周
 恥じらいも多い思春期にこんな経験をした彼は
 きっと世の中に怖いものはないと思ったのではないかと
 思います。
 その後の彼の活躍は皆さんご存知の通りです!

 うほ、↑は高2だそうです。
 たしかに浦先生は9組じゃなかったかなぁ〜と
 思いながら書き込みしました^^

 &11組、宮川先生はエルビス・プレスリーだったとのこと@@


Episode 004

 高校卒業後、郵便局(後に電電公社に移動)に就職したF、
現在の西時津のジャスコ、当時の寿屋開店準備のための電柱工事で、
上に登って、命綱をかけて作業を始めたとたん尿意をもよおし、
下に降りるのが面倒で、その高い所から放尿・・・。
 向かいに新築のアパートがあって、そこの2Fに住む若奥さんと目があった・・・。
 彼についてのエピソードは枚挙にいとまがないのだけれど、
 その数ある伝説を見聞きしていた二羽先生は、私たちの後輩で
あまり成績の芳しくない生徒には「心配せんでよか!」
 「お前たちの先輩の中にはこんな奴がいた!」と
 Fの話をして激励していた・・・。


Episode 005

 雲仙合宿での話。
 勉強することなくうろついていたM。
 先生の見回りで見つかって「こら!なんしよっとか!」としかられ、
 梁にぶら下がりながら一言
 「先生、おいはもう成績はよかと!」
 「行きたか大学に身長のあと5cm足りんと!」
 「そいけん、ぶら下がって背ば伸ばしたかと!」
 と、彼の目指す大学は宮崎の「航空大学校」
 確かに受験資格に「身長が明記」されてました。
 ところが他にも落とし穴があって、なんと新入学が10月!
 まるで外国の大学だな@@
 願書の締め切りに本人も担任も気づくことなく、
 受験すらできませんでした;;
 ちゃんちゃん♪


Episode 006

 高校卒業後の夏、うちに遊びに来ようとしていたB君。
 痔を患ってしまった。痛い。
 出かける前になんとかしようと考えた結果、
 トイレにあったお姉さんの生理用品を借用。
 股間にあてて出かけた。
 彼の家は柳谷で、うちは浜町。
 電車に乗ったんだけど、座れなくて立っていた。
 彼のいでたちはブカブカの半ズボンで下着はトランクス。
 揺れる電車のせいで、慣れない股間にあてていたものが
 床にポトリ・・・それにはしっかり血がついていた!
 きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
 周りの視線は?????????
 うちにたどり着いた彼からこの話を聞かされた私は
 爆笑しながらひっくり返った!
 言うまでもなくこのB君はTOPページの句を詠んだB君です@@


Episode 007

 学校の中にたまにはトランプとか持ち込んで楽しんだり
していましたが、問題はその時の罰ゲーム@@
負けると全員から「でこ打ち!」
 片手でもう片方の手の指を思いっきり引っ張って、
相手のおでこをHIT!!!
 仲の良かったI君は「ボコ」っとおでこを腫らしてしまった;;
 しかもかなりのサイズ(直径3〜4cm)で・・・。
 卒業して数年・・・彼のおでこはまだ腫れていたぁ〜〜〜。


Episode 008

 高校1年の時同級生で一緒に柔道やって、九工大に進学した「近藤」君。
 彼のファーストネームは「務(つとむ)」君。
 彼の名前を初めて見た私と私の友人・・・。
 ビックリして互いに顔を合わせて「こんな名前の人がいるんだぁ」
 その後、彼のあだ名は「ム」。
 顔を見ると「おい、ム」。


Episode 009

 付属中学校から来たI君。
 付属の頃から「天才」との呼び声高く、注目の的だった。
 顔も二枚目でもてもての彼だったなぁ。
 朝、ふと見ると鞄の他にノートを1冊。
 「ん?もしかして鞄ペッタンコにし過ぎて、ノートも入らんとや?」
 聞いてみるとニッコリ微笑んで「分かったや?」
 周りの期待通り長大医学部に現役合格。
 学生時代、帰省してたN君(I君と付属の頃からの大の仲良し)と
 一緒に麻雀やりました。
 咳き込むI君。薬を取り出して飲んでいた。
 「ん?医者の不養生や?」
 聞くと
 「いや、おいはもう長ぉうなかと・・・。」ボソッと一言。
 「なぁ〜んば言いよっとや。」受け流す私。
 その週末、彼は看護婦さんと入水・・・。
 もっと、真剣に話聞かんばやった・・・。
 大きな後悔に襲われ涙・涙・涙。
 また、一緒に麻雀やりたい・・・。
 これ書きながら、また泣いてしまった;;


Episode 010

 私の髪は直毛だったんですが、一度スポーツ刈りにしたら、
 その後伸びてくる髪がクルクル天然パーマでした。
 みなさんはそんな経験はありませんか?
 で、その曲がった髪、通常はそれほどでもないのに
 水に濡れるとクルクル、クルクル。
 体育の時間、水泳でした。
 水に飛び込んだ私の髪がクルクル、クルクル。
 先生「お前はパーマかけたやろぉ〜!」
 私「違う!違う!天然ばい!」
 するとそのやり取りを見ていたY。
 バリバリにかけたパーマをよそに、
 「先生!おいも天然!天然!」
 ・・・嘘ば言うなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!



Vol.01 Vol.02 Vol.03 Vol.04 Vol.05
Vol06 Vol07 Vol08 Vol09 Vol10




武勇伝(なんてこたぁない、当時の思い出)

ここに記載するエピソード常時大募集〜♪
ネタ切れになる前に下さい!



Vol.01 Vol.02 Vol.03 Vol.04 Vol.05
Vol06 Vol07 Vol08 Vol09 Vol10