By admin | 2007年10月27日 - 11:49 am - Posted in 東京支部情報

今日、10月27日16:20~18:30、東京ベイクルーズ 『シンフォニー』にて、総会・懇親会が開催されます。

台風20号がお祝いのために駆けつけてくれていますが、荒天をもろともしない北高精神で、何事も無いかのように決行致します。

皆さん、お足元にご注意の上、お出かけください。

なお、今回は、日の出桟橋です。 間違って竹芝桟橋 へ行かれませんよう御注意ください。

新交通「ゆりかもめ」にて「新橋駅」より3つめ「日の出駅」下車 徒歩1分です。

<情熱アコギ系ポップロック>のシンガーソングライターとして活躍中の松尾貴臣さん(32回生)のライブが、今年の東京支部懇親会で、楽しめます!

3rdシングル『きみに読む物語』は、2008年7月に幕張メッセで行われる『第16回 日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in千葉』のイメージソングに選ばれており、地方でもFM局でヘビーローテーションになるほど、ファンが急増中。

 10月27日(土)、皆さん一緒に、東京湾上で、盛り上がりませんか?

懇親会については、こちらからどうぞ  http://nagasaki.kitakou.net/tokyo/index.php

 松尾さんに、インタビューをしました。

★北高時代の思い出は?

今の僕からは想像できないと思いますが、附属中・北高とバリバリの野球小僧でした。もちろんエースで4番でした!(嘘です。笑)ラグビー部、サッカー部がひしめくグラウンドで野球部に与えられたスペースは内野+レフトという変則的な空間。それでも時間と場所を有効に使い、内野練習、外野練習、連携練習を毎日繰り返していました。でも打撃練習がほとんどできなかったので、やはり守り中心のチームでしたね。
だから今年のチームがきっちり守って、打ち勝って決勝まで進んだことは有名校が甲子園に行くことよりも凄いことだと思います!ぜひ来年以降も頑張って欲しい!!

★音楽を志したきっかけは何ですか?

ギターを始めたのは中3からです。ビートルズ好きの父親がギターを家に数本持っていて、潜在意識の中で小さい頃から「ギター弾けたらかっこいいなぁ」なんて思っていました。
小学生のときにピアノや金管バンドでトランペットをやっていたこともあり、音楽には小さい頃から馴染みがありましたが、中2のときの音楽の成績で10段階評価の10を2期連続取ったことが僕を調子に乗せました。(笑)附属出身の方だったら「10」の重みが分かりますよね!?

でも今のようなプロ志向で音楽をやろうと決めたきっかけは高校3年生の文化祭です。32回生前後しか北高の状況は知りませんが、文化祭の「公式プログラム」でバンド演奏をするということは夢のような話でした。(高2のときに焼却炉前で友人とゲリラライブして、先生に1時間近く怒られました。笑)

当時から作詞作曲をしていて、その頃には持ち曲が50曲近くありました。あぁ、人前で披露したいなぁなんて思っていたときに見つけたのが「文化祭で音楽演奏をしたいものは天野先生まで」という告知の掲示でした。これだ!と思い、早速応募したのですが、これがまたハードルが高い!!

・担当教官を探す
・青志寮で先生たちによるオーディションを受ける
・練習は学校の中で担当教官が見ている場所のみ
・メンバーに1学期の期末テストで赤点者がいたら取りやめ

など厳しい条件が続々・・・。
さらに担任の先生からは「受験生なのにバンドなんか本当にやる気か」と自宅に電話がかかって来ました。しかしうちのオカンは強かった!!「うちの子はバンドをやっても国立大学に合格します!関係ありません。」なんて言い返してくれました。
息子的には多大なプレッシャーでしたが・・・。

その後、本番に演奏する曲で担当の先生と一悶着あったり、ステージは制服以外不可だったり、観客は全員着席じゃないと中止にするという決まりがあったり非常に大変でしたが、「公式プログラム」としてのバンド演奏を勝ち取りました。
恐らく北高32年の歴史で初めてですよね!?僕はそう聞きました。
その年は僕のバンドともう1組が出演しました。

でも分かったんです。みんな文化祭にはそういうものを期待していたんです。ただのよく分からない展示をして、はい終わりっていうイベントは祭りなんかじゃなかったんです。

全校生徒のほとんどが集まりました。体育館に立見客が出るくらい人がいっぱいでした。今でもあれ以上の人数の前で演奏をしたことがありません。(残念ながら↓↓。笑)
あの日のあの高揚感が忘れ切れず、今でも歌い続けています。いつか北高で「凱旋ライブ」やりたいですね☆

★現在の活動状況を教えて下さい。

千葉大学のある「西千葉」という街を拠点に10年、音楽活動を行なっています。
都内でもバリバリライブをやっています。関東在住の方はぜひ見に来てください!
「大人も耐えうる」聞きやすいアコースティック系ポップスです。ライブハウスではゆったりと座ってお聞きしていただけます。

今年は「千葉県音楽文化振興方針検討委員」という長い肩書きの委員に県知事から任命され「公務」も行なっています。千葉の町興しが僕の活動のひとつのテーマでもあります。

今後ともよろしくお願いします!
その他活動に関してはこちらをご覧ください!
http://www.omitaka.com/

去る9月22日(土)、コールNの練習風景を見学しました。

佐藤先生の厳しいけれど、ユーモアあふれた声が響きます。『愛が一番でしょ。難しいけれどそこに愛をこめて』、『慣れよ慣れ』、『難しいね。でもこれができたら一流』、『もうちょっと前向きな声で』、『やってないところは極端にできないんだね』、『ちょっと無謀だけど、はじめから行くよ』

 『これまでは1曲を3、4ヶ月かけてやっと仕上げていました。今回は、1ヶ月半で、懇親会で歌う2曲を仕上げます。初めてのこと。チャレンジです』と団長さん。

1曲を区切って、パートごとの練習の後、全体で。初めての曲は、なかなかに大変そうです。

最後は、既に仕上げた曲を、立って練習。表情豊かに歌い上げていました。

『コーラスの魅力は、何と言っても、ひとつの曲を、みんなで仕上げていく楽しさです』とコールNの皆さん。

コールNの練習を見学して、懇親会がより楽しみになってきました。

10月27日(土)、東京湾をクルーズするシンフォニーで、コールNの素敵な歌声が響きます。第8回東京支部総会懇親会に参加して、皆さん一緒に楽しみませんか?

<懇親会の曲目紹介>

  ・千の風になって

  ・日々草

  ・春

 <コールNの紹介>

 コールNは、2001年秋に誕生したコーラスグループ。関東在住の北高同窓生(&家族)を中心に構成されています。現在のメンバーは、1~16回生の40名。コーラス未経験者の方の参加もOK。詳細は、SNS内『コールN』コミュニティをご覧下さい。

By ChiefEditor | 2007年10月7日 - 8:22 pm - Posted in 北高情報, お知らせ

第13回長崎北高同窓会総会が、下記の通り開催されます。

日 時: 平成19年10月20日(土)

時 間: 18時30分~ 総会

      19時~   懇親会

場 所: ウェルシティ長崎(長崎厚生年金会館) 

     長崎市茂里町3-20

     電話 095-845-0860

会 費: 5,000円 (学生は2,000円)